自動車の心臓部分!特集

今や自動車は、私たちの生活には欠かすことの出来ない生活の一部となっています。普段から何気なく乗っているこの車両についてどのような仕組みで動いているのかということをしっかりと理解して説明出来る人は、世の中でもあまり多くありません。殆どの人が、エンジンで動力を発生させているのは理解していますが、元々の仕組みについてはわからない人が多いのが現実です。その車両の心臓部分ともいえるのがエンジンです。このエンジンにより車両に駆動を伝えて、発進させるまさに車両の心臓といえる部品です。人間でいうなればすべてのエネルギーの根源である心臓と同じです。
車の雑誌などでは、新開発されたエンジンについて特集を行っていますが、あまり読まれることはないでしょう。この業界では、日々環境などの問題をクリアをするために常に新しいエンジンの開発を行っています。このように各メーカーの技術者の努力により、エンジンは日々進化しているのです。
現在では、様々なエンジンのタイプが存在していて、直列型やV型などが主流となっています。また、これらの型式エンジンにもシリンダーのピストンの数により直列4気筒や6気筒などの違いがあり、発生させるパワーが異なってきます。
普段あまり知らなかったこの心臓部について知っておくと、より車ライフが楽しくなってくるかも知れません。