直列3気筒の特徴

自動車の動力源として用いられるレシプロエンジンなどの、シリンダーと呼ばれる気筒の配列の種類の1つに直列3気筒があります。これはシリンダーが3つ直列に並んレイアウトされて。特徴としては全長が短く、コストも低く抑えることができることがあげられます。そのためほとんどの軽自動車やコンパクトカーの一部などで採用されています。大きなメリットとしては、低価格で部品点数が少なく故障の可能性が少ないことです。またもう1つの特徴としては、同じ排気量の4気筒エンジンなどに比べると、ロスが少なくて燃費が良いです。ただし、4気筒エンジンに比べて振動が大きく、音も大きいです。そのためエンジンによってはアイドリングの際のバランサーシャフトがつけられていて振動を軽減しているものもあります。そうすることでアイドリングの際は4気筒エンジンのものと違いがあまりないように感じることが出来ます。基本的に実用性重視の自動車に用いられることが多く、アイドリングストップ機能と組み合わせられることも多いので、停車中の振動と言うのが欠点として感じにくくなっています。そのため振動の大きさや音などは実用上あまり問題なくメリット面のほうが大きいと言えます。

Filed under: 未分類 — koko 3:24 PM