直列4気筒の特徴

直列4気筒エンジンは、気筒(シリンダー)を直列に配置したもので、気筒の数は4本です。
1列に気筒を配置するために構造は単純で、エンジン全体を、軽量、小型にできるという特徴があります。
ピストンを地面に対して垂直に上下運動するように設計されている事が多く、エンジンの振動は大きくなる傾向があります。
この対策として、振動を抑えるためのカウンターウエイトと呼ばれる重りのついたシャフトを回して、振動を打ち消す機構を備えているエンジンもあります。
直列6気筒エンジンなどと比較して、エンジン全体の長さが短いために、現在主流である前輪駆動車にも容易に搭載でき、約1000ccから約2500ccの排気量のものが多くて、低燃費エンジンからスポーツ車向けの高回転型までバリエーションは広いです。
4気筒はエンジン本体が安く、かつ軽く作れ、また6気筒エンジンよりも気筒数が少ない為、可動フリクションロスが少なく燃費は良いでしょう。
最適の容積とされている1気筒500cc程度のスクエアストローク(ピストンの直径とピストンの上下運動の距離が同じ)4気筒2000ccエンジンでは、同排気量の直列6気筒エンジンよりトルクは厚いです。
自動車に限らず、オートバイについても、250cc~1400cc程度のスポーツタイプにおいて採用されていることも多いです。

Filed under: 未分類 — koko 3:26 PM