V型8気筒の特徴

V型エンジンとは、排気量が大きくなればなるほど燃焼効率を上げるために気筒を多くしたものを如何に効率的に配列するかによって、直列のものをV型に並べた物をV型エンジンと呼び、それが8つ並んでいることからV型8気筒、いわゆるV8エンジンといわれるものになったものを指します。フォーミュラーカーなどにも採用されていますが、大型のエンジンをコンパクト化するための技術でありますが、現在では電子制御システムインジェクションの技術が発達したことと、自動車そのものがエコへの意識から小排気量のものに市場の人気が集まっていることもありますので、一般的な自動車使用目的では若干特殊な形態になりつつあります。このV8エンジンが有名なのはアメリカ車、アメ車であり、アメ車ファンには今でもV8の人気は高い傾向にあります。V8エンジンの特徴はなんといってもそのアイドリング音。ドロドロドロという感じで車内に響くアイドリング音には、アメ車に乗った以上いつかはV8とのこだわりを持つファンも多いです。エコとは少し遠い存在でしょうが、アメリカ車のV8、特にフォード社製のエンジンには今なお根強いファンがおり、一度V8のエンジンを知ってしまうと他のモノには乗れない、という方も多い人気のエンジンとなっています。

Filed under: 未分類 — koko 3:29 PM