加工する方法について

自動車のボディを加工する方法としては、カスタム自動車を製作している会社に依頼することが最善です。パーツのみを購入して自分で取り付けるという方法もありますが、大きいパーツになればなるほど取り付けが大変です。
カスタム自動車を製作している会社は多くは、板金塗装を行っている修理屋さんが多く、普段の自動車の修理のノウハウを活かして、オリジナリティあふれるボディに加工してくれます。
カスタム加工の種類としては、一般販売されているパーツを取り付ける方法がありますが、これはデザインが限られますし取り付けられる車種も限られるので、なかなか気に入ったものに仕上げることができません。
一方で、板金塗装の技術を応用して従来のパーツを改造することにより作り上げる方法であれば、オリジナリティあふれるデザインのカスタム自動車を作り上げることができます。また大胆にボディの形を変えるのではなく、一部パーツの塗装色変更やメタル調塗装、ブラックメッキ塗装に変更したり、ヘッドライトおよびテールライトを交換するだけでも、その印象が大きく変わります。
外装だけでなく内装のパネル類の柄の変更や、LEDライトを多用するだけでも雰囲気が変わります。

Filed under: 未分類 — koko 3:36 PM

よく使われている材料について 

自動車に使われる材料の多くは、金属部材で近年では樹脂やセラミックにFRPなどが多く使われています。
鉄の代わりのアルミ部材が使われるようにもなりましたが、アルミは軽量で錆びにくいという良さの反面、コストが高いと言ったデメリットがあり、FRPなどのプラスティック製品が利用されることも多くなりました。
足回り・シャーシ・エンジンユニット・外板などの多くは金属部材で、戦後日本が大きく自動車開発が広がりを見せる中で、自動車の部材として必要な金属を調達するために製鉄業(鉄鋼業)との開発協調がもっとも重要でした。
終戦目前の日本はに資源が乏しかったことから、兵器に欠ける資金や部材が乏しく、次第に継戦能力が衰え、敗戦となり、その後焼け野原の日本から本格的に復興する過程で自動車開発はとても重要な産業となりました。
日本の技術力は、すぐに世界で評価されました。
というのも、その時まだ、世界が現在のように先進化しておらず、性能と燃費を兼ね備えた日本車が一般に受け、燃料消費の高い欧米車に比べて安価で、壊れにくい点も評価が高かった理由です。
日本の自動車産業は金属部材の安価・軽量・剛性を進化させ、新興国にも燃費の良い安価な日本車を広げることがテーマです。

Filed under: 未分類 — koko 3:36 PM

自動車とボディについて

自動車を検討するときには、見た目もかなり気になります。ボディの色や傷の有無、色あせなど、新車ならきれいであるのは当たり前ですが、そうでないといろいろなところを見てしまいます。人気のカラーもあるのですが、自分の好みと手入れしやすさを考えます。白やシルバーは汚れが目立ちにくく、お手入れをこまめにできない人には向いています。それに対して、黒はかなり汚れが目立ちますし、黄色や赤は色あせや塗装が剥がれやすいので、少し考えた方がよいでしょう。
見た目を美しく保ちたい人では、コーティングをしてもらうという方法もあります。ガソリンスタンドなどでもやってくれますが、コーティングでもいろいろなグレードがあり、数年長持ちさせたいのであれば、数万円くらいかかる強力なコーティングにするといいでしょう。また、5千円くらいのコーティングも4か月ほどは持つので、炎天下のもとで心配な季節には事前にやっておくといいでしょう。
傷やへこみは、日本の社会ではとても目につくものです。外国はそうではあいのですが、日本人の几帳面さが出ています。傷やへこみが気になる時には、その大きさなどでもひとつあたりいくらといった感じで板金塗装をお願いできます。

Filed under: 未分類 — koko 3:29 PM

V型8気筒の特徴

V型エンジンとは、排気量が大きくなればなるほど燃焼効率を上げるために気筒を多くしたものを如何に効率的に配列するかによって、直列のものをV型に並べた物をV型エンジンと呼び、それが8つ並んでいることからV型8気筒、いわゆるV8エンジンといわれるものになったものを指します。フォーミュラーカーなどにも採用されていますが、大型のエンジンをコンパクト化するための技術でありますが、現在では電子制御システムインジェクションの技術が発達したことと、自動車そのものがエコへの意識から小排気量のものに市場の人気が集まっていることもありますので、一般的な自動車使用目的では若干特殊な形態になりつつあります。このV8エンジンが有名なのはアメリカ車、アメ車であり、アメ車ファンには今でもV8の人気は高い傾向にあります。V8エンジンの特徴はなんといってもそのアイドリング音。ドロドロドロという感じで車内に響くアイドリング音には、アメ車に乗った以上いつかはV8とのこだわりを持つファンも多いです。エコとは少し遠い存在でしょうが、アメリカ車のV8、特にフォード社製のエンジンには今なお根強いファンがおり、一度V8のエンジンを知ってしまうと他のモノには乗れない、という方も多い人気のエンジンとなっています。

Filed under: 未分類 — koko 3:29 PM

V型6気筒の特徴

最近の自動車のエンジンの中で、V型6気筒という形式を良く耳にします。このエンジンの形式は、その効率や安定性が従来のエンジンに比べ非常に高いといわれています。
その特徴はまず、シリンダーを左右3気筒ずつにV型に角度をつけて配置するので、回転時の振動が左右異なり打ち消しあうことで抑えあう形になります。直列6気筒はシリンダー内の動きがみな上下方法で一律なので、上下への振動が起きやすい構造です。それぞれのシリンダーはタイミングが別なのでそれほど大きな差にはなりませんが、全く異なる方法に動く場合に比べ、振動は大きくなります。
また、左右にシリンダーが振り分けられるため、これを動力として伝えるクランクシャフトが短くでき、エンジンがコンパクトなものにできるのです。その為、同じ排気量でも直列に並んだ直列6気筒に比べ、エンジンが小さくかつ振動の小さいエンジンにすることができます。
さらに、エンジンが小さいということはその材料費も少なくて済むので、エンジン自身の費用も安く済みます。その為、コストが非常に重要視される日本の自動車業界では、このエンジンの形式を採用しているところが増えています。
ただし、エンジンが小さくなるデメリットとしては、発熱量が大きいという点があります。したがって、エンジンの冷却効率を高くするように冷却方法を考慮する必要があります。

Filed under: 未分類 — koko 3:28 PM

直列6気筒の特徴

直列6気筒エンジンとは、エンジン内部の気筒(シリンダー)が直列に6本配置されたタイプのことをいいます。
このタイプのエンジンは、現在広く普及しているレシプロエンジンと呼ばれるタイプの中では比較的早い段階で開発されたものとなっており、近年ではV型6気筒エンジンに取って代わられつつあるものの、現在でも一部の自動車で採用されています。
シリンダーを直列に配置することのメリットとしては、エンジン駆動時の振動の少なさや動作の滑らかさが挙げられます。
直列に配置された6本のシリンダーは一つずつ燃焼することで燃料を同時に燃焼させることが可能となっており、この構造によって均等のタイミングで燃料を燃焼させることができるため、最初の稼動時には大きな音が発せられるものの、一度動き出すと非常に滑らかに稼動し、他のタイプのエンジンよりも振動や騒音が少なくなります。
こうした特徴から、このタイプのエンジンは現在でも高級セダンに分類される車種で採用されています。
ただし、シリンダーの直列配置にはエンジンサイズが大型になってしまうなどのデメリットも存在しており、自動車のフロントにエンジンを配置する場合には、事故の際に搭乗者の安全性を確保するためのクラッシャブルゾーンが確保しにくいといった欠点があります。

Filed under: 未分類 — koko 3:27 PM

直列4気筒の特徴

直列4気筒エンジンは、気筒(シリンダー)を直列に配置したもので、気筒の数は4本です。
1列に気筒を配置するために構造は単純で、エンジン全体を、軽量、小型にできるという特徴があります。
ピストンを地面に対して垂直に上下運動するように設計されている事が多く、エンジンの振動は大きくなる傾向があります。
この対策として、振動を抑えるためのカウンターウエイトと呼ばれる重りのついたシャフトを回して、振動を打ち消す機構を備えているエンジンもあります。
直列6気筒エンジンなどと比較して、エンジン全体の長さが短いために、現在主流である前輪駆動車にも容易に搭載でき、約1000ccから約2500ccの排気量のものが多くて、低燃費エンジンからスポーツ車向けの高回転型までバリエーションは広いです。
4気筒はエンジン本体が安く、かつ軽く作れ、また6気筒エンジンよりも気筒数が少ない為、可動フリクションロスが少なく燃費は良いでしょう。
最適の容積とされている1気筒500cc程度のスクエアストローク(ピストンの直径とピストンの上下運動の距離が同じ)4気筒2000ccエンジンでは、同排気量の直列6気筒エンジンよりトルクは厚いです。
自動車に限らず、オートバイについても、250cc~1400cc程度のスポーツタイプにおいて採用されていることも多いです。

Filed under: 未分類 — koko 3:26 PM

直列3気筒の特徴

自動車の動力源として用いられるレシプロエンジンなどの、シリンダーと呼ばれる気筒の配列の種類の1つに直列3気筒があります。これはシリンダーが3つ直列に並んレイアウトされて。特徴としては全長が短く、コストも低く抑えることができることがあげられます。そのためほとんどの軽自動車やコンパクトカーの一部などで採用されています。大きなメリットとしては、低価格で部品点数が少なく故障の可能性が少ないことです。またもう1つの特徴としては、同じ排気量の4気筒エンジンなどに比べると、ロスが少なくて燃費が良いです。ただし、4気筒エンジンに比べて振動が大きく、音も大きいです。そのためエンジンによってはアイドリングの際のバランサーシャフトがつけられていて振動を軽減しているものもあります。そうすることでアイドリングの際は4気筒エンジンのものと違いがあまりないように感じることが出来ます。基本的に実用性重視の自動車に用いられることが多く、アイドリングストップ機能と組み合わせられることも多いので、停車中の振動と言うのが欠点として感じにくくなっています。そのため振動の大きさや音などは実用上あまり問題なくメリット面のほうが大きいと言えます。

Filed under: 未分類 — koko 3:24 PM

エンジンの種類について

自動車に搭載されているエンジンは現在数多くの種類が登場していますが、一般的な自動車のようにガソリンなどの燃料によって駆動するタイプのものは、大きく3種類に分類することができます。
一つ目は「レシプロ」と呼ばれる最も初期に開発された基本的な内燃機関の一種で、現在でも改良されたものが多くの車種で採用されており、シェアも最も高いものとなっています。
このタイプでは、ユニット内に配置されたシリンダー(気筒)の内部でガソリンを燃焼させ、その運動エネルギーによってピストンが往復運動をすることで動力を生み出す構造となっています。
こうした構造から、このタイプはピストン機関とも呼ばれています。
二つ目は「ディーゼル」と呼ばれるタイプで、構造や動力を生み出す仕組みはレシプロとよく似ているものの、こちらのタイプではガソリンではなくディーゼル燃料を使用します。
なお、レシプロとの最大の違いは点火装置の有無にあり、ディーゼル燃料の場合は温度が上昇すると自然着火する性質を持つため、ディーゼルには点火装置が搭載されていません。
三つ目は「ロータリー」と呼ばれるタイプで、このタイプはレシプロやディーゼルとは異なり、ピストンの代わりにローターによって燃焼サイクルを行う構造となっています。
このタイプにはユニットのサイズが小型化できるなどのメリットがありますが、他のタイプと比較すると燃費があまり良くないなどのデメリットも存在するためにあまり普及しておらず、現在このタイプを採用しているメーカーはマツダのみとなっています。

Filed under: 未分類 — koko 12:35 PM