直列6気筒の特徴

直列6気筒エンジンとは、エンジン内部の気筒(シリンダー)が直列に6本配置されたタイプのことをいいます。
このタイプのエンジンは、現在広く普及しているレシプロエンジンと呼ばれるタイプの中では比較的早い段階で開発されたものとなっており、近年ではV型6気筒エンジンに取って代わられつつあるものの、現在でも一部の自動車で採用されています。
シリンダーを直列に配置することのメリットとしては、エンジン駆動時の振動の少なさや動作の滑らかさが挙げられます。
直列に配置された6本のシリンダーは一つずつ燃焼することで燃料を同時に燃焼させることが可能となっており、この構造によって均等のタイミングで燃料を燃焼させることができるため、最初の稼動時には大きな音が発せられるものの、一度動き出すと非常に滑らかに稼動し、他のタイプのエンジンよりも振動や騒音が少なくなります。
こうした特徴から、このタイプのエンジンは現在でも高級セダンに分類される車種で採用されています。
ただし、シリンダーの直列配置にはエンジンサイズが大型になってしまうなどのデメリットも存在しており、自動車のフロントにエンジンを配置する場合には、事故の際に搭乗者の安全性を確保するためのクラッシャブルゾーンが確保しにくいといった欠点があります。

Filed under: 未分類 — koko 3:27 PM