加工する方法について

自動車のボディを加工する方法としては、カスタム自動車を製作している会社に依頼することが最善です。パーツのみを購入して自分で取り付けるという方法もありますが、大きいパーツになればなるほど取り付けが大変です。
カスタム自動車を製作している会社は多くは、板金塗装を行っている修理屋さんが多く、普段の自動車の修理のノウハウを活かして、オリジナリティあふれるボディに加工してくれます。
カスタム加工の種類としては、一般販売されているパーツを取り付ける方法がありますが、これはデザインが限られますし取り付けられる車種も限られるので、なかなか気に入ったものに仕上げることができません。
一方で、板金塗装の技術を応用して従来のパーツを改造することにより作り上げる方法であれば、オリジナリティあふれるデザインのカスタム自動車を作り上げることができます。また大胆にボディの形を変えるのではなく、一部パーツの塗装色変更やメタル調塗装、ブラックメッキ塗装に変更したり、ヘッドライトおよびテールライトを交換するだけでも、その印象が大きく変わります。
外装だけでなく内装のパネル類の柄の変更や、LEDライトを多用するだけでも雰囲気が変わります。

Filed under: 未分類 — koko 3:36 PM